歯科医療の革新インプラント治療で歯を取り戻す

注意点

治療完了

誰しも虫歯になる可能性は持っています。
そんな中で虫歯を発見した際にはできる限り早期の治療を行うことでその被害を最小限に抑えることはできます。
治療を行っても感知することは難しく口腔環境を常に清潔に保つ必要があるのです。
意識して手入れをしている人でさえ虫歯になってしまいます。
虫歯は最悪の場合歯を失ってしまいます。
歯を失うと見た目はもちろん食べ物に制限がかかってしまう場合もあります。
そうなると健康にも支障をきたすので早急に入れ歯などの治療を行う必要があります。
入れ歯は比較的費用も掛からず簡単に治療を行うことが可能です。
しかし咀嚼率も天然の歯と比べると半分以下に落ちてしまいます。
そんな中登場した治療方法が歯科インプラントなのです。

歯科インプラントとは歯茎を切開し顎骨に専用のボルトを埋め込みます。
そのボルトに義歯を固定することで天然の歯と遜色ない見た目を得ることができるほか咀嚼率も天然の歯と比較すると80%程度とほかの入れ歯治療やブリッジ治療と比較しても高いのです。
ですから魅力的な治療方法の一つです。
とはいえもちろんデメリットもいくつかあります。
まず保険の適用外なので治療費が高額になります。
また治療とはいえ2度程度の手術を行う必要があります。
この手術に耐えられるだけの体力がない場合は治療を受けることができません。
さらにボルトを固定する顎骨などの部分がもろく固定できないと判断された時には治療を受けることができません。
このほかにも手術を行う医師の腕によって治療結果が大きく異なり場合によっては数年でぐらつくなどのトラブルが発生することも考えられるのです。
こういったデメリットやリスクを知ったうえで選択することで治療後のトラブルを防げるほか後悔のない治療を受けることができるのです。